売り上げを決める方程式

 

そもそも、売り上げとはどうやって決まっているのでしょうか?

 

売り上げ=客単価×客数

 

で決まって来ます。

 

という事は、

売り上げを上げるには客単価をあげるか、客数を増やすしか方法はないという事です。

 

では、まず客単価を上げるにはどうすればいいのでしょうか?

 

客単価はお客さんが注文した商品の合計金額で決まってきます。

この客単価を上げる方法も2つです。

 

  • 単価の高い商品を選んでもらう
  • 注文数を増やしてもらう

 

具体的には、700円のラーメンより900円のチャーシューラーメンを選んで貰う。

ラーメン+餃子のように1品より2品選んで貰う。

 

魅力的なサイドメニューを作る事が出来ているお店は客単価も高くなっています。

 

客単価を上げるにはこの2つを考え、

どれだけお客さんにとって魅力的なメニューを構成出来るか?

で、売り上げは大きく変わって来ます。

 

次に客数です。

この客数にも2種類あります。

 

それは、新規とリピーターです。

ここは凄く大事な所なので必ず覚えておいて下さい。

 

お客さんは新規客とリピーターの2種類に分かれます。

 

僕のクライアントで高い広告費を支払い集客に物凄く力を入れているお店がありました。

売り上げを上げるにはお客さんにたくさん来店して貰う必要があるという考えからでした。

 

しかしこのお店は広告を出している間は新規客が訪れ、客数が増え、売り上げも上がっていたのですが、

広告を出す事を辞めたとたんに客数は減少して売り上げも落ちてしまいました。

 

このお店の問題はリピーターを掴む為の仕組みが全く出来ていない事でした。

 

味であり、接客であり、お店の雰囲気であり全てが

お客さんから「また来たい」と思って貰える要素を持ち合わせていない事が問題でした。

 

いくら新規のお客さんをたくさん集めても、

リピーターになって貰えるような店作りが出来ていなければ、

それはその時限りのお客さんで終わってしまいます。

 

莫大な広告費を投入して、常に新規顧客を集めるような戦略を立てる事が出来るのは

潤沢な資金がある大手の企業だけです。

 

一般的なラーメン店ではそんな事はとても出来ないと思います。

だからこそ最も力を注ぐべき所はリピーターを増やして行くという事に注力しなくてはいけません。

これをわかりやすく経営者の視点で見ると、失客率をどれぐらい減らせるか?

という事になって来ます。

 

  • おいしかったからまた食べたい
  • おいしかったから他のメニューも食べてみたい
  • 接客が丁寧で気持ちよく食事が出来るからまた利用したい
  • お店の雰囲気が良く落ち着いて過ごせる事が出来るからまた利用したいなど、

 

一度来店頂いたお客さんに、如何にまた来たいと思って頂く事が出来るのか?

という事が非常に大事な事になって来る訳です。

 

お店を開業して経営して行くという事は

どれだけお客さんの満足度を満たせる事が出来るのか?

という事に注力して努力して行く事です。

 

それが出来れば売り上げは必然的に上がって行くでしょう。