お店を運営して行く上でブレてはいけないものとは?

 

毎年、出来ては消えて行くお店が多いラーメンの世界で、

開業から何十年も営業を続けているお店もあります。

開業して間もないのにお客さんに支持されて瞬く間に人気店に昇りつめるお店も存在します。

 

店主はお店に出る事もなく、金銭的にも精神的にも時間的にも自由な生活を手に入れて、

 

次のお店の出店計画を立てたり、

旅行に出掛けたり、

趣味の時間に没頭したり、

家族との時間を大切にしたりと、

 

今までの生活を一変させている人もたくさんいます。

 

反面、成功を夢見て開業したものの、

お客さんからの支持を得られずに数年と経たず消えて行くお店も存在しています。

その中には、テレビや雑誌で取り上げられ評価の高かったお店も含まれています。

 

では、成功するお店と消えて行くお店では何が違うのでしょうか?

 

ラーメン店を開業する前に必ず決めておかなければならない事があります。

それはコンセプトターゲットです。

それに関しては以前の記事でも書いているので興味がある人は見てみて下さい。

 

ラーメン店を開業するにあたり考えるべきコンセプト、ターゲット、立地とは?

 

このコンセプトとターゲットに関しては絶対にブラしてはいけない部分です。

ラーメンの味であり、お店の雰囲気であり、接客、サイドメニュー、

お店の立地に至るまで全ての根幹になっている部分です。

 

成功するお店と消えて行くお店の違いとして、

このコンセプトとターゲットを最初に明確にして、ブラす事なくお店を運営出来ているか?

という事が非常に大きいと思います。

 

コンセプトとターゲットは最初に決めると、

そうそう簡単に変更できるようなものではありません。

 

ここを変更するという事は、

ラーメンの味を変え、お店の雰囲気を変え、接客態度を見直し、サイドメニューを作り変え、

最悪お店の場所まで移転する必要が出て来てしまいます。

 

それだけコンセプトとターゲットは重要だという事です。

 

せっかく苦労してお店を開業しても失敗しているお店は、

最初のコンセプトとターゲットに沿った店作りが出来ていなかったり、

そもそものコンセプトとターゲットの選定を失敗していたりする印象が強いです。

(勿論、味そのものがお客さんに支持されないお店も中にはありますが…)

 

このコンセプトとターゲットをしっかりと考えた上で、マーケティングで使われるフレームワークとして、

さらに4pなども考えて行ければより強固な戦略になると思います。

 

マーケティングのフレームワークとして用いられる4pとは?

 

少し難しい話をすると、

マーケティングの世界では有名なフレームワークとして4pというものがあります。

これは1960代前半に、アメリカのジェローム・マッカーシーという経済学者が提唱したフレームワークです。

 

4pとは、

Product(製品)

Price(価格)

Place(流通)

Promotion(販促)

の事であり、商品開発から販売プロモーションまでを考えたフレームワークです。

 

ラーメン店として考えると、

Product(製品)………ラーメンの”味”

Price(価格)…………ラーメンの値段

Place(流通)…………ラーメン店の場合は立地

Promotion(販促)………ここに力を入れているお店は少ないですが、集客という概念(主に広告)

 

この4pはあくまでも売る側としての視点であり、

逆に顧客目線で考える4cという概念もありますが、

まずは最初にしっかりと、コンセプトとターゲットを選定してこの4pも考えてみましょう。

 

少し難しくなってしまったでしょうか?

僕がお伝えしたい事は、

最初にコンセプトとターゲットを選定したら、4pにも照らし合わせてみて、

お店としての戦略をしっかり持って欲しいという事です。

 

コンセプトを決めて、ターゲットをしっかりと見定めて、4pにも照らし合わせて考えれば、

そんなに簡単に失敗するお店にはならない筈です。

 

そして、それら1つ1つはそんなに難しい事ではありません。

開業前に自分の理想のお店を考え、それに沿うようにしっかりとリサーチを行うだけです。

逆に言うと、これらの事をしっかりと考えて店作りをしていないお店が多いという事です。

 

ラーメン店で成功する為に”味”ばかりを追い求めている人も多いですが、

その”味”はどんなコンセプトを持っていて、どんなお客さんをターゲットにしているのか?

開業する場所はそれらを満たす事が出来る場所なのか?

店作りはコンセプトやターゲットに沿ったものになっているか?

その場所でその値段設定は適正なのか?

お客さんを呼び込む手段を持っているか?

 

全ては繋がっています。

 

お店が成功する為には様々な要素が絡んでくるので、

これだけが全てではありませんが、

これらの事を開業前にしっかりと考えて準備していれば、

簡単に失敗する事は無いと思います。

 

”味”も勿論、大事な要素の1つですが、

お店を開業するという事は経営者になるという事なので、

経営の観点からも色々と考えてみましょう。

そうする事でまた新しい事が見えて来る事もありますから。