味にこだわる姿勢は素晴らしい

年間3000~4000店ものラーメン店がオープンしては消えていくと言われています。

その中には本当においしく、素敵なお店もたくさんあり、決して周りの評価の低いお店だけが消えていく訳ではありません。

 

ではなぜ消えて行ってしまうのでしょうか?

 

ラーメン店で独立を目指し独学で学び勉強する人、ラーメン店で働きはじめる人など

たくさんの人が”自分の目指す理想の味”を求めて、日々勉強し研究しています。

 

たとえば、”王道”の中華そばを徹底的に研究し、”究極の中華そば”を作ろうと 食材からこだわり、炊き方を研究し、他のお店を毎日食べ歩いている人もいれば…

 

逆に今まで誰も食べた事もない、全く新しいラーメンを作ろうと試行錯誤を繰り返し、 日々研究し模索し続けている人もいます。

 

僕が”ラーメンの世界”に入って来たのもそういう人達の物作りに対する ”妥協なき純粋なこだわり”であったり、 好きなものに対する”ひたむきな姿勢”に共感したからです。

 

それは今でも変わらず、真っすぐに”自分の信じた道”を歩いている人は、かっこよく 本当に大好きで、応援したくなるし成功して欲しいと心から思います。

そして、そんな人達が成功出来る世界であって欲しいとも願っています。

 

たくさんの人が1杯のラーメンの味にこだわり、食材にこだわり、バランスにこだわり、 真剣に勉強し独立して自分のお店を持っています。

 

僕の周りにもそうやって独立して行った人はたくさんいます。

しかし、独立してラーメン屋をはじめるという事は”経営者”になるという事です。

では経営について、真剣に学び勉強して独立した人はどれぐらいいるでしょうか?

 

ラーメン店の経営戦略

一般的なビジネスとしての視点で見ると、

商品開発→販売戦略→見込み客に対してアプローチ→集客→販売

 

ざっくりと分けてもこれらの過程を踏んでいく事になります。

それも全てリサーチを行い、仮説を立てて行っていきます。

 

しかし多くのラーメン店では 商品開発→販売

簡単にいうとおいしいラーメンを作り、お客さんが来そうな場所にお店を出す。

これだけです。

 

これは大手の有名店ですらこの仕組みになっている所がほとんどです。

僕がコンサルで見て来たお店でも、最初からしっかりとした経営戦略を持ってお店を運営している お店など殆ど見た事がありません。

 

今まではどんなに不便な場所にお店を出したとしても”おいしいラーメン”さえ提供していれば ”口コミ”だけでお客さんは集まり、 それが噂になってテレビや雑誌で取り上げられると、またそれを見た人達が集まって来る。

 

こんな仕組み(流れ)になっていました。

それは今でも変わった訳ではありません。

 

しかし現在、よく言えば味は均一化されどこのお店に行こうとも大きく外れる事はなくなり 逆に言えば、ずば抜けて”おいしい”と感じるお店も少なくなって来ました。

 

それは時代の変化と共に、今までのようなシンプルな仕組みでは 生き残っていく事が厳しい状況になって来たという事です。

 

他の業種を見ていくと分かりやすいと思います。

音楽であり、ファッションであり、お笑いでも同じです。

残っているのは一握りの才能を持った特別な人達と、 その時代に合致した、多くの求められた人達です。

それはたまたま時代に合致した一発屋と言われる人と 時代と共に変化し成長して来た人達だけです。

 

「変わるものと変わらぬもの」 それを自分の中で消化し、構築し、形成出来た人だけが生き残っているのです。

今までのように何も考えず、味だけを追求して生き残れる時代ではなくなったという事です。

 

もちろん味は大事です。

 

そこも抑えながら、自分のお店のブランド価値を高め、接客にもこだわり しっかりとリピーターを掴みながら、お店としての総合力を上げていく事でしか生き残っていく事が 厳しくなって来た訳です。

そこにはしっかりと自分らしさも残しながらです。

 

ようは、これから”ラーメンの世界”で独立して成功するには経営者としてきちんとした舵取りが出来ないと厳しい時代だという事です。

 

それはMBAを習得するような難しい事ではありません。

僕のような全くの素人でも身につけてきた事です。

 

学ぶべき事はメルマガの方でしっかりとお伝えしています。

 

あなたは、真っすぐに”自分の信じた道”を歩いて行ける覚悟があれば大丈夫です。

時に迷い、時に躓き、時に不安になる事もあると思います。

新しい事をはじめる時はみんなそんなものです。

それは学び行動していく事でしか解決しないものなのです。

現に今、成功している人達も全ての人が最初から経営の知識を持っていた訳ではありません。

しかし、成功している多くの人は経営しながら経営について勉強しているという事実もあります。

 

経営を学ぶ事の意味とは?

なぜ、多くの人は成功しても経営を学ぶのか?

これは一言で言うと、”価値を最大化”する為です。

 

もっとわかりやすく言うと、自分が必死で考え、試行錯誤を繰り返しながら生み出した商品を 世の中に効率よく広げ、認めて貰う為です。

そうする事により、売り上げは最大化するという事です。

 

そして経営を学ぶ事により、人材育成、オペレーションの効率化、商品クオリティーの均一化、集客の原理原則等、しっかりと学べばあなた自身が毎日現場に立たなくてもお店はうまく行き、あなたに自由な時間が生まれるという事です。

 

勿論、本当にラーメン作りが大好きで毎日お店に立ちたいという人はそれもいいでしょう。

様は、”価値が最大化する”という事であなたのリスクを最小限に抑える事が出来、 より多くの人に”価値”を提供できる術を身に付ける事が出来るという事です。

 

これを学ぶ事により、成功は勿論、あなたが意図しない時間を最大限短縮し効率化する事が出来る訳です。

それによって空いた時間を、 次のお店の開店準備に充てる事もできるし、 家族と共に過ごす時間に使う事も出来るし、 趣味の時間に費やす事も出来る訳です。

 

少なくても、しっかりと経営を学んで行く事で簡単に消えて行くお店にはならないという事です。