ランキング上位のお店のメリットとは?

 

近年、たくさんのグルメサイトがあり、

その中で評価が高いお店がランキングで表示されていたりします。

 

食べロゴなどでは、ユーザーの星の評価でランキングを決められています。

例えば、ラーメンなら”ラーメン”というカテゴリーでのランキングがあり、

その中でも、検索した地域別のその地域に限定した”ラーメン”のランキングなどがあります。

 

気になったお店の評価を、

食べログなどで検索してからお店に足を運ぶ人なども多いと思います。

 

ではこの評価はお店にどのような影響を与えるのでしょうか?

 

まず、メリットから見て行きましょう。

 

グルメサイトでユーザーの評価が高いお店は、

 

  • 集客が楽に出来る(新規顧客を集めやすい)
  • 知名度が上がる(1つのブランディングに繋がる)

 

 

大きく分けるとこの2つになります。

そしてこの2つのメリットがもたらす結果は1つです。

 

何も宣伝をしなくても、新規のお客さんを集める事が出来るという事です。

 

評価が高いから行ってみたい

評価が高いからおいしいに違いない

評価が高いから失敗はないだろう

 

お客さんが勝手に自分の中のイメージを膨らませて、

数あるライバル店の中から選んでくれて、

遠方からでも足を運んでくれる事が一番のメリットになる訳です。

 

デメリットはこの反対に、

グルメサイトで評価の低いお店は新規顧客を集める事が難しくなるという所です。

 

せっかく、気になって興味を持って貰っても、

 

評価が低いから別のお店に行こう

評価が低いからおいしくないに違いない

評価が低いから失敗する

 

とお客さんに勝手なイメージを持たれて、

新規のお客さんに足を運んで貰う事が大変になってしまう訳です。

 

ランキングやグルメサイトの評価が全てではない

 

しかし、

グルメサイトで評価の高いお店が成功して、

評価の低いお店が消えて行くのか?

というとそうではありません。

 

ミシュランやTRY大賞に選ばれているお店でも消えて行くお店はありますし、

グルメサイトで評価の低いお店でも、何十年と営業しているお店もあります。

 

この違いは何なのでしょうか?

 

ここで原理原則を考えてみます。

売り上げ=客単価×客数

で決まります。

 

この場合は”客数”の方に目を向けてみましょう。

客数は新規とリピーターで形成されています。

1日に新規のお客さんだけが100人来店するのも、

リピーターのお客さんだけが100人来店するのも売り上げは同じです。

 

そして、新規のお客さんを大量に集め続けるような戦略を立てられるのは

資金の潤沢な大企業だけです。

一般的なラーメン屋さんならば、如何にリピーターを集める事が出来るのか?

に注力しなければいけません。

 

ランキング上位でグルメサイトの評価が高くて、

色々な賞を貰っているお店でも、

「また来たい!」と思われるお店が作れなければ、存続して行く事は難しいと思います。

 

反対に、グルメサイトの評価が低いお店でも、

地元に根付いて、

近隣のお客さんから愛されていて、

リピーターの多いお店なら何十年と営業して行く事が出来るでしょう。

 

ただ、リピーターを増やす為には新規のお客さんにも来店して頂かなければいけません。

 

そういう意味ではラーメンランキング上位に選ばれる事や、

グルメサイトで高い評価を頂く事はお店を運営して行く上では重要な事です。

 

しかしそういうものは、僕は結果だと考えています。

 

どれだけ「また来たい!」と思って貰えたのか?

どれだけ「おいしい」と思って貰えたのか?

 

そこに注力して努力して来た結果が評価に反映されるものだと思っています。

 

本質を見失い、この評価ばかりを追い求めると色々なものがズレてしまいます。

 

ラーメンランキング上位のお店を作る事でもなく、

グルメサイトの評価の高いお店を作る事でもなく、

 

お客さんに「また来たい」と思って貰えるお店を作って行きましょう。