ラーメン店を訪れた際に、

券売機で自分の注文したい商品を選択して、

金額を支払い食券を購入して店員さんに渡す事はもはや当然の光景になっていると思います。

 

もちろん、

今でも店員さんに注文して、食べた後の帰り際にお金を支払うシステムのお店も存在します。

 

しかし、多くのお店では券売機を導入しているお店が多いのではないでしょうか?

 

この券売機を導入する事のお店側のメリットとしては、

 

  • 人件費の削減
  • お店側による注文ミスを防ぐ
  • 細かいデータが自動で抽出出来る
  • 売上金の管理

 

大きく分けるとこんな感じになると思います。

1つ1つ見て行きましょう。

 

人件費の削減は券売機を導入する事の一番大きなメリットになると思います。

券売機がある事によってお店としては、

お会計の業務は必要なくなり、

注文を聞きに行く業務も省く事が出来る事で、

簡単にいうと、アルバイト1人分ぐらいの人件費は削減する事が出来る訳です。

今の時代、働いてくれる人を探す事自体が難しくなっている中で、

雇用を1人減らす事が出来るのはかなりのメリットだと言えると思います。

 

お店側の注文ミスが無くなるという事も大事な事だと思います。

お客さんから受けた注文を聞き間違えて、

全然違う商品を提供すると、それはすぐにクレームへと繋がります。

すぐに作り直すとしても、

お客さんを待たせてしまう事は必須です。

間違えて提供した商品の原価も無駄にしてしまいます。

これが無くなる事もメリットの1つだと思います。

 

券売機を導入する事で細かいデータを取る事が出来るようになる事も大きなメリットです。

1日の売り上げは勿論、

1時間単位での売り上げだったり、

客単価であったり、

それぞれのメニューの売れ数であったりと、

様々なデータを何もしなくても手にする事が出来るのは大きなメリットだと思います。

このデータを元にお店を改善して行く事が出来る訳です。

 

券売機を導入する事により、

お金の管理が厳密に行えるという事も大きいです。

お金に関して、全て機械で行う事で計算ミスやお釣りの出し間違いなどは一切なくなり、

正確な売り上げ管理を行えるようになる事は大きいと思います。

 

このように、券売機を導入するメリットはたくさんありますが、

当然デメリットも存在します。

 

  • 券売機が高額
  • お客さんとの接点が少なくなる事で、お店の雰囲気が冷たく映る

 

券売機自体が高額で、勿論機種などによるピンキリもありますが…

わかりやすく言うと、車を買うぐらいの金額を想定する事は必然になると思います。

長い目で見ると、毎月アルバイト1人分ぐらいの人件費は浮かせられると考えれば、

そこに投資する価値は十分ありますが、

金銭的に見ると、かなりの高額である事は否めません。

 

もう一つ、お客さんとの距離が離れる事で、

冷たいイメージを与える事に繋がるのかもしれません。

注文を伺ったり、お会計をしたりする事で人と人の繋がりが出来る所を、

機械に任せる事で機会損失している部分はあると思います。

 

居酒屋などで使われている、機械の端末を使用する事で、

券売機を使わなくても、データを集めたりする事は可能ですが、

それを導入するにもまた金銭的な負担は強いられてしまいます。

 

お店の規模や資金や、ブランディングなどで変わって来るとは思いますが、

券売機を導入する事でのメリット、デメリットを踏まえた上で決断して頂ければと思います。