ラーメン一杯の価格の決め方

 

 

最近は一杯のラーメンが1000円を超えるお店も増えてきました。

とうとうラーメン一杯1000円の時代に突入か?

とも言われています。

 

ひと昔前の一杯500~600円が当たり前の時代を生きてきた人たちからすれば、

一杯1000円のラーメンはとても信じられない値段設定に感じるかもしれません。

 

ここ数年のラーメンの原材料の高騰や使用する食材の多様化によって、

一杯のラーメンの原価率が上がっているのも現実です。

そこに消費税の増税なども重なり、ここ数年でほとんどのお店は値上げを行ってきたと思います。

お店側の努力だけで価格を据え置くことが難しかったためです。

それでも700~900円あたりの値段設定を行ってきたお店がほとんどでした。

ひと昔前のラーメンと比べると圧倒的に一杯のクオリティーは高くなっているにもかかわらず…です。

 

そもそも、一杯の価格設定はどうやって決めているのでしょうか?

 

これには2通りの方法しかありません。

コンセプトやターゲットが決まっていればそれに沿う形で先に価格を決めてから、

その価格で提供できる商品を開発していく方法と、

 

自分が好きな納得のいくラーメンを作ってから、

原価を見て価格を決めていく方法です。

(当然、この場合でもコンセプトやターゲットは明確にしていなければなりません)

 

 

どちらが正しいわけではありませんが、

後者の方がどうしても価格設定は高くなっていくと思います。

 

一杯1000円のラーメンでもお客さんは来てくれるのか?

 

それでもこれまでは多くのお店が、

一杯のラーメンに1000円を超えるような値段設定は行ってきませんでした。

一般的にラーメンが1000円というとお客様に”高い”と思われるからです。

しかし、多様化するラーメン店の店主の飽くなき姿勢やこだわりに魅了され、

”ラーメンそのもの”の価値が高まり、

時代の流れと共に一杯1000円を超えるラーメンを提供するお店も出てきました。

 

 

では本当に一杯1000円のラーメンでもお客様は来店してくれるのでしょうか?

 

 

結論から言うと僕は全く問題ないと思います。

 

たとえ一杯のラーメンが2000円だろうと3000円だろうと、

お客様にその一杯のラーメンの価値をしっかりと感じていただけるものであるならば、

何ら問題なくお店にお客様は足を運んでくれると思います。

 

ではお客様が実際に感じる価値とは?

 

”味”は当然のことながら、

お店の雰囲気、接客、立地、見せ方、ここには様々な要素が絡んできます。

 

例えば、コンビニで売っている160円のペットボトルのお茶が、

某テーマパークでは200円を超える金額だったりします。

それでもそのお茶は飛ぶように売れています。

 

夜のお店などは、

酒屋で買う金額の数倍~数十倍の値段がついていたりするお店もありますが、

それでもその値段に納得し、来店するお客様はたくさんいます。

 

ようはお客様は商品だけではなく、様々な要素の付加価値にもお金を支払っているのです。

 

スターバックスに行く人はコーヒーだけではなく、

あの落ち着いた居心地のいい空間を求めて来店している人も多いと思います。

決して安くはないあの値段でもコーヒーに空間という付加価値を付ける事で、

お客様に納得感を与えているわけです。

 

ラーメン店の場合でも、

一杯のラーメンにコンセプトに沿った付加価値を付けていくことで、

そのコンセプトに共感していただけるお客様には大きな価値を感じていただけると思います。

一杯のラーメンの”味”だけで1000円の価値をお客様に提供しているお店なら、

しっかりとした付加価値を付けることで、一杯のラーメンを2000円にすることも可能です。

 

1000円のラーメンが高いのか?

ということよりも、

それだけの価値をお客様に感じていただけるのか?

ということを考えるようにしてみて下さい。

 

トータルで考えて、

そこに価値があればお客様は必ず来店してくれますから。