日本で成功した”味”をそのまま海外に持って行っても成功する事は難しい

 

寿司とラーメンはもはや日本の文化として認められる時代になりました。

 

日本のラーメン店でも近年、外国人のお客さんが毎年増加していて、

英語でのメニュー表記や、

食べ方を解説したPOPなどを作成して、

外国人のお客さんに向けた対応を強化しているお店も目に付くようになりました。

 

日本から海外に進出して、海外で大成功を収めているお店もたくさんあります。

中には日本では全くの無名で、誰も知らないようなお店が、

海外では人気店として注目を集めているお店もあります。

 

この海外への出店については、

僕も仕事柄いくつか携わって来たので少しお話ししたいと思います。

 

海外で人気のあるラーメンとしては豚骨ラーメンが圧倒的です。

日本で有名な豚骨ラーメンのお店も海外で大成功を収めていたりします。

 

たぶん醤油や塩や味噌や魚介系といったものよりも、

その国々の文化にうまくハマッテくれる味なのだと思います。

 

ただ、日本のお店の味をそのまま海外に持って行ってるお店はほとんどありません。

 

世界的に展開している、マクドナルドやコカ・コーラでも同じ様に、

その国々に合わせて”味”は変化しています。

 

ラーメンに関しても、

海外に出店しているお店はその国々で”味”を変えて、

その国の文化や味覚に合わせた味作りを行い、

その国に合った”味”を提供する事で、

お客さんに選ばれる為の努力を行っている訳です。

 

もう一つ、日本で使用している食材が全ては手に入らないという事実もあります。

 

仮に手に入れる事が出来たとしても、原価的に使用する事が難しいという場合もあります。

 

これらを乗り越え、

創意工夫をしてその国々のお客さんに合わせて、

満足頂ける”味”であり

店作りであり、

接客であり、

全てを考える事が出来る経営スキルや調理のスキルも必要になって来ます。

日本で成功したからといって、

そのままを海外に持って行ったとしても、成功する訳ではありません。

 

海外出店を考えた時は綿密なリサーチをしっかりと行う

 

海外での出店を成功させる為には、

その国についてのリサーチをかなり綿密に行う必要があります。

 

日本の常識やモラルや文化などは全く通用しないと思って考えていく必要があります。

 

海外にお店を出す場合、

現地の人間に間に入って貰って、色々な事を進めて行く事になると思います。

 

が、この間に入ってもらう会社は非常に大事です。

 

上でも述べましたが、海外は日本の常識などが全ては通用しません。

この間に入る会社はどれだけ信用出来るのか?

最初にきちんと調べて、きっちりとした契約を行う事は非常に重要です。

 

ある日本のお店が海外に出店して成功し、

その後とんとん拍子でお店を拡大して、

海外に数店舗を構えるまでになりましたが、

 

その後、売り上げが振り込まれる事は無くなり、

あらゆる脅迫を受けて、

海外に展開した全てのお店を乗っ取られたという実例も現実にあります。

 

海外に出店を考える場合は、

最初にきちんとリサーチを行う事は必須になります。

 

それは”味”だけではなく、

その国の習慣や文化、関わる会社や人間まで、

全てを明確にした上で、どうするのか?

を判断して行きましょう。