一杯のラーメンの食材原価はどれぐらい?

ラーメン店を開業しようと思っている人で、

ラーメン一杯辺りの原価が気になるという人は多いのではないでしょうか?

 

近年、ラーメンに使用する食材も一部高騰していて

使用する食材にもよりますが、

ラーメン一杯辺りの原価率は30~40%ぐらいになっているお店が多いと思います。

 

比較的、食材原価の安い豚骨ラーメンのお店でも

最近は30%弱ぐらいが平均になって来ているのではないでしょうか?

 

この原価率に関しては、僕個人の意見としては

最悪40%以内に収めればいいと思っています。

 

せっかく好きなものを作ってそれを仕事にしたいと考えて開業したのに、

自分の納得出来るものが作れないとそれは全く意味がないと僕は考えるからです。

 

勿論、利益は大事です。

 

利益を出せないとお店として存続して行く事が困難になってしまいます。

 

しかし、それと同じぐらい自分の納得する商品を販売するという事も大事な事だと思っています。

 

利益だけを求め、自分の納得出来ないものを提供しても

お客さんの満足度が上がる事はありません。

お客さんを満足させる事が出来ないお店は必ず消えて行く事になってしまいます。

 

自分の目指す”味”を追い求めて行く事はとても大事な事です。

 

ただ、その時に原価率を30~40%ぐらに抑える為に

創意工夫をする努力もまた大切な事なのです。

 

この努力はどんなお店でも行っています。

 

原価を抑える為にどんな事を行っているのか?

 

実際、お店ではどうやって原価を抑える努力をしているのでしょうか?

 

  • 仕入れ値を抑える為に安くていい物を卸してくれる業者を探して交渉したり
  • イノシン酸、グルタミン酸、グアニル酸を組み合わせ、旨味の相乗効果を生む事で無駄に使用する食材を減らしたり
  • それぞれの食材でも捨てる部分を極力無くす為に創意工夫していたり
  • 炊き上がったスープに使用した食材で2番出汁を取ったりと

 

細かく言うと、他にも色々ありますし

食材だけでなく、水光熱費などの削減などにも取り組んでおり、

それぞれのお店で色々な工夫をして原価を抑える努力は行っています。

 

1つ1つの無駄を見直し、改善をして行く事で無駄な原価を抑える事に繋がります。

無駄な原価を抑える事が出来ると、それで新しい食材を使用してもいいと思います。

 

その結果”味”がおいしくなれば、お客さんの満足度も上がり

またリピートしてくれる事に繋がってお店にとっていいサイクルを作る事が出来る訳です。

 

何よりもまずは自分を納得させる事が出来る味を作り、

無駄を見直して、創意工夫をする事で原価を抑え、

お客さんの満足度を上げる為の努力を惜しむ事なく行う事で

お店にとってのいい環境を築いて行きましょう。

 

原価を抑えるという事は利益を追求するという事だけではありません。

お客さんの満足度を上げる事にも繋がって来る訳です。

 

色々と工夫してみましょう。