ラーメンは独学で勉強出来る!

ラーメン店での独立を目指す多くの人はラーメン店へ働きに行き、そこで勉強してから 独立していく事を選択します。

 

その他には、独学で勉強する人、学校に入る人もいますが 僕は独学で勉強する事を強くおすすめします。

現在、有名店と言われるお店の店主でもお店を出す前は自宅で味作りに励んでいた人も多いです。

 

まず、学校に入るには何十万円というお金が必要になってきます。

しかも、それだけのお金を払って学べる事のほとんどは自宅で学べる事です。

唯一のメリットは、決まった期間内に”一通りの事”は学べるという事だけです。

簡単に言うと、何も考えなくても一通りの事は期間内に詰め込まれるという事です。

 

しかし、それは身に付くという事とはまた別の話です。

 

そもそもラーメンとは、他の和食だったり、中華、イタリアン、フランス料理などと違って 決められた食材もなく、作り方もそれぞれで、他では”間違っている”とされるような作り方も 取り入れられていたりして、全てが自由なのです。

(それがラーメンの一番の魅力だと思います)

 

自分で考え、試行錯誤を繰り返しながら作り上げていくものです。

誰かに教わったぐらいで実現するような事ではないのです。

 

フランチャイズなんかは極端な話、自分で何も考えなくてもとりあえずお店をはじめるだけの知識は提供してくれて、味も提供してくれて、食材の調達から営業方法まで面倒見てくれる所が多いと思いますが、本当にそれで成功出来ると思います?

 

フランチャイズとは自分達で徹底的に効率化し、体系化されたノウハウを提供する変わりに毎月のロイヤリティーを支払って貰う事でビジネスにしているだけです。

 

普通に考えてそれで間違いなく成功するなら自分の所でやりますよね?

ようは、成功すればロイヤリティーが発生するし、失敗しても自分に痛みはないという1つのビジネスモデルだという話です。

(勿論、全く成功しなければビジネスとして成り立たないですが…)

 

フランチャイズというのはビジネス的要素が非常に強いので、少額の自己資金でスタート出来たり、 返金保障が付いていたり、ノウハウの提供であったりと、自分を殺す事が出来る人には魅力的に感じる部分も多いでしょうが、それならば普通に雇われてサラリーマン生活している方がよっぽどリスクなく生きて行けると思います。

 

フランチャイズというのはどう転んでも相手側が得する様なシステムになっているという事です。

(ようは、情報弱者を相手にしたビジネスですよね。)

 

そんなものに頼らなくても自分で学び、勉強すればフランチャイズに提供されるノウハウよりよっぽどましな戦略であり、戦術を構築する事が出来る訳です。

 

もちろん基本的なものはあります。

 

どんなものでも基本は最も大事な事です。

しかし、それらは全て自分で勉強出来る事なのです。

 

何十万円ものお金を払ってまで学ぶべき価値は見当たりません。

そしてそれだけのお金を払い学校を出て独立して成功した人がどれだけいるでしょうか?

 

僕は独立して成功してる人の中でラーメン学校の卒業生を1人も見た事はありません。

(まあ実際には居るのかも知れないですが…)

 

それではラーメン店で働きながら勉強するのはどうでしょうか?

 

 

ラーメン店での修行は必要な事なのか?

 

実際にラーメン店で修行して独立して成功している人はたくさんいます。

僕も長年ラーメン店で働いてきたので、そういう人達は見て来ました。

 

確かに働くお店によっては、基本的な事は嫌でも身に付くでしょう。

が…

そんなに簡単な事ではありません。

 

ラーメン店に限らず、飲食店は労働時間の長い事で知られています。

 

僕も実際忙しい時は、月450時間ぐらいは働いていました。

平均月に300~400時間ぐらいは働く覚悟が必要です。

 

月450時間というと想像つきますか?

毎日休みなしで働いたとしても1日15時間労働です。

そこに通勤時間、ご飯やお風呂の時間を使っていくと、1日の睡眠時間は4,5時間になります。

 

全く自分の自由な時間も無く1日4,5時間の睡眠時間しかとれないという事です。

それで給料は20~40万円ぐらいの所が多いでしょう。

 

これは僕が働いてきたお店が特別なお店だった訳ではありません。

多くのラーメン店で働く人達の日常だという事です。

 

夏場なんか厨房内は軽く40℃を超えている中でも辛い顔も見せずに、 お客さんに笑顔で接して対応している訳です。

(個人的にはみんな本当によくがんばっていると思います)

 

よく飲食店は人手不足だと言われますが、この拘束時間の長さも原因の1つでしょう。

一般的に独立までには3~5年ぐらいの修行期間が必要だと言われます。

それは個人の能力にもよりますし、お店の事情にもより変わって来ると思いますが この期間それなりの労働時間は覚悟しなければならないという事です。

 

そして実際に働きはじめても、学びたい事をすぐに学べる訳ではありません。

最初は我慢の連続です。

 

わからない事ばかりで、毎日洗い物に追われるだけかもしれません。

嫌な先輩から怒鳴られる事もあるでしょう。

それでも毎日の仕事をきちんとこなす事で信用され、信用が積み重なって信頼を生み、 信頼が生まれてはじめて色々な仕事を任されるようになるのです。

 

どんな仕事でも同じですよね。

 

最初から大事な仕事を任せて貰える事はないという事です。

 

つまり、学びたい事を学べるようになるまでにもそれなりの時間が必要になってくる訳です。

 

だからこそ僕はしっかりと独学で勉強する事をおすすめしています。

そんなにお金を掛けなくても、必要な道具は今の時代インターネットで簡単にそろえる事が出来る はずです。

とりあえず14㎝ぐらいの寸胴を買えば自宅でもスープを作りをはじめる事は出来ると思います。

 

ラーメン店に働きに行かない方がいいと言ってる訳ではありません。

(行かなくても成功してる人はたくさんいますが…)

 

働きに行くにしても独学でしっかりと勉強してから、 ”答え合わせに行く”ぐらいの気持ちでいいと思います。

その方が時間は圧倒的に短縮されるでしょう。

 

働きに行き学ぶべき事は、日々を重ね徹底的に効率化された営業や仕込みのオペレーションです。

これは自宅で学ぶ事が出来ないからです。

(実際自分のお店を持てば自然と効率化されて来るでしょうけど…)

(それでもたくさんのアイデアが詰まっている事は確かです。参考に出来る事は多いと思います)

 

これは僕が長年ラーメン店で働いてきて本当にたくさんの人を見てきたからこそ言えることです。

 

そしてラーメン店で働いている人達はみんな本当によくがんばっていると思います。

しかし、雇われている以上金銭的にも、時間的にも、精神的にも報われている人は殆どいないのが現状ではないでしょうか?

 

お金は働けば手にする事が出来ますが、時間だけはもう2度と戻って来る事はありません。

あなたの目指すゴールまでの道筋はたくさんあると思いますが、出来るだけ最短距離を歩んで行って貰いたいと僕は思っています。