飲食店にアレルギー表示の義務はない?

 

近年、特定の食物に対してアレルギー症状を引き起こす人に配慮して、

飲食店でもメニューにアレルギー表示を行っているお店が増えています。

 

アレルギー症状が出る人の中には、血圧の低下や意識障害を引き起こし、

場合によっては生命を脅かす危険な状態に陥る事もあります。

 

このような事態を避ける為にも、お店のメニューにアレルギー表示を行い、

食物アレルギーを持つお客さんにも、

安心して食事を楽しんで頂けるようにと、お店の方で配慮している訳です。

 

このアレルギー表示に関する法律は「食品表示法」で定められています。

この記事を書いている今日現在では、

飲食店に対するアレルギー表示の義務はありません。

 

しかし僕は、ラーメン店でもこのアレルギー表示を行う事をおすすめしています。

ラーメンの場合、タレやスープには色々な食材を用いて作られており、

お客さん自身で自分のアレルゲンを特定して判断する事が不可能だからです。

 

だからこそ、メニューにはしっかりとアレルギー表示を行い、

お店のメニューのアレルギーに関する情報は従業員全員で共有して、

いつでもお客さんに説明出来るように準備しておく事で、

特定の食物でアレルギーを引き起こすお客さんにも、

安心して食事を楽しんで頂ける事が出来るお店になると思います。

 

アレルギー物質にはどのようなものがあるのか?

 

容器包装された加工食品における表示制度として、

この記事を書いている今日現在では、

必ず表示が義務付けられている「特定原材料」の7品目と、

義務ではないが、表示が推奨されている「特定原材料に準ずるもの」の20品目の

27品目が表示対象とされています。

(この27品目以外にも人によりアレルギーの対象になる食物は存在します)

 

特定原材料の7品目

 

  • 小麦
  • そば
  • 落花生
  • エビ
  • カニ

 

特定原材料に準ずるもの20品目

 

  • あわび
  • いか
  • いくら
  • オレンジ
  • キウイフルーツ
  • リンゴ
  • バナナ
  • カシューナッツ
  • 牛肉
  • 鶏肉
  • 豚肉
  • くるみ
  • さけ
  • さば
  • 大豆
  • マツタケ
  • やまいも
  • ゼラチン
  • ごま

 

ラーメン店でも上記の「特定原材料」の7品目は最低でも表示して、

お客さんに安心して食事をして頂けるようにしたいところです。

”卵”や”小麦”などは多くのラーメン店で該当する部分ではないでしょうか?

 

アレルギーだけではなく、

近年ではラーメン店も外国からのお客さんが多く、

宗教的な違い、文化の違いから、

ベジタリアンのお客さん、牛肉が食べられないお客さん、豚肉が食べられないお客さんなど、

様々なお客さんが来店されると思います。

 

そういうお客さんに対しても、

自分のお店の商品を理解して、従業員全員で共有して、

どんなお客さんに対してもきちんと説明出来るようにしておく事は、

未然にトラブルを防ぐ事にも繋がりますし、

何よりもお客さんに安心して来店頂ける事が出来る訳です。